プロの力で

ふくらはぎは、二の腕などと同じように、体の中でもなかなか痩せにくい部分だといわれています。
そのため、脚痩せダイエットも根気よく続けないとなかなか結果が出にくいという一面もあり、人によってはかなりの長期戦になることもあります。
また、あまり時間に余裕がない方は、長期間のダイエットを行うことは厳しいでしょう。
そこで、美容外科が行う脚痩せ施術で、一気に脚痩せを実現してしまうのも手です。

美容外科では、ボトックス注射や脂肪溶解注射などの部分痩せ施術が揃っています。
特にふくらはぎに使われるのは、ボトックス注射です。ボトックス注射とは、筋肉の発達を抑える「ボトックス」とよばれる物質を、注射で直接注入する施術のことです。
このボトックスをふくらはぎに注入することで、筋肉で太くなっていたふくらはぎがすっきりとスリムになります。ボトックスは筋肉に直接働きかける効果があります。そのため、脚痩せだけでなくフェイスラインのエラのハリを抑えたり、表情筋によるしわを目立たなくしたりといった施術にも使われています。
脂肪溶解注射は、その名の通り脂肪を溶かす注射のことで、確実にシェイプアップを図ることができる施術です。
脂肪の元凶となっているものは、「脂肪細胞」と呼ばれる細胞ですが、脂肪溶解注射はこの脂肪細胞そのものを溶かす効果があります。
そのため、ふくらはぎに打って脚痩せしてもリバウンドが起こらないという特徴があります。

Copyright © 2015 脚痩せ専門クリニックで綺麗なふくらはぎを手に入れる. All Rights Reserved.