タイプを知る

ふくらはぎが太くなる原因は、実に様々なものが考えられます。
中でも、「筋肉太り」・「脂肪太り」・「むくみ」はふくらはぎを太くする原因の中でも最も多いといわれている要素です。
しかし、自分がどのタイプなのかを把握することで、効率的な脚痩せを行うことが出来ます。
まず、筋肉太りを例として挙げてみましょう。
マッサージをすることで筋肉が柔らかくほぐれ、ふくらはぎに蓄積されている老廃物が流れ出ます。その結果、脚痩せを実現することができます。
ふくらはぎや太ももを、こぶしで叩いていきましょう。力は入れ過ぎない程度に、痛気持ちいいと感じるぐらいがベストです。ふくらはぎの外側、太ももの外側を特に念入りに叩くと、筋肉がほぐれて脚痩せ効果が出やすくなります。
また、野球ボールやテニスボールをお尻に敷いて、ヒップラインをほぐす運動も効果的です。ヒップラインをほぐすことで、脚痩せはもちろん下半身全体のシェイプアップにも効果的です。

脂肪太りの場合は、リンパマッサージや有酸素運動などで脂肪を落としてあげることが最優先です。
あまり過度な運動は避けて、ジョギングやウォーキングなどを毎日一定時間続けることで、脚痩せが実現できます。
また、ふくらはぎだけでなく太ももや腰の部分を全体的に鍛えることで、脚痩せ効果は更に高まります。
最後にむくみ太りの場合です。常に立ちっぱなしの仕事をしていたり、冷え性だったりすると引き起こされるむくみは、脂肪、筋肉とともに、脚痩せの大敵です。
むくみ太りの場合は、脚のリンパマッサージをしてあげると効果的です。握りこぶしを作り、むくんでいるふくらはぎを下から上へ押し上げます。
このマッサージを行うことで、リンパの流れが良くなり、脚に溜まっていた余分な水分や老廃物が流れ出るようになります。

Copyright © 2015 脚痩せ専門クリニックで綺麗なふくらはぎを手に入れる. All Rights Reserved.